NHKの受信料について不信感を抱く人は少なくない。それは見ていないにも関わらず徴収されること。また、その倫理性の無さにも物議が上がっている。

「NHKを見ていようが見ていまいが、そういったことは関係ない。NHKの放送を受信できる設備を持っている人については当然、法律上の契約義務がある。」

こんな恐ろしい発言をしたのは福地茂雄会長だ。とても堅気による発言とは思えない。背筋がゾッとしてしまった。テレビを所有しているだけで、この団体から徴収され続けるのだ。全く見ていないにも関わらず・・・。

そもそも今日におけるテレビなど、ほとんど機能していないといっても過言ではない。なぜならパソコンとインターネットがあるのだから。そこから情報を得られれば十分だね。

テレビ局が大きな態度を取る時代は当の昔に終わっているのだ。これからは視聴者様に見ていただく時代だ。福地茂雄会長は何も分かっていない。

1 名前:☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★ :2010/06/04(金) 16:11:08 ID:???0
1人が支払い NHK受信料、強制執行申し立てで
NHKは3日、受信料の支払いに応じず、裁判所に強制執行を申し立てた5人のうち、福島県在住の1人が支払いに応じたことを明らかにした。
「NHKを見てようが見てまいが関係ない。受信できれば契約義務がある」「払わぬ人は、手段尽くして払わせる」…NHK会長